当社が求めるガイド心得

当社が考える良いガイドと他社が考える良いガイドはもしかしたら違うかもしれません。ただ、どの会社でもお客様が満足して旅を楽しんでいただきたいという事に関しては同じだと思います。

通訳ガイドの仕事は、ただ日本語以外の言語で説明をすればいいというわけではありません。グループの場合はグループをまとめ、リクエストに出来るだけ応え、その反面ホテル、レストラン、ドライバーさんたちともうまくコミュニケーションを図らないと円滑に仕事は進みません。言葉は違えど、様子を見ていれば円滑なコミュニケーションが取れているか否かはお客様に必ず伝わり、お客様と皆さんの関係も変わってきます。

お客様からすると、自国の旅行会社の旅行商品を購入、または直接当社に依頼し日本への旅行を楽しみにしてきたわけです。旅を存分に楽しめれば、直接旅行会社にまでお礼の連絡が入りますし、逆に不満があった場合はお叱りの連絡が入ります。評判の良いガイドさんにはリクエストが来ますし、あの人なら任せて安心だと思わせるような仕事をして信用を獲得すれば今後どんどん仕事も増えていきます。
ガイドとしてお客様と接するときには、自分は旅行会社の代表であるというつもりでお客様と接してください。

そしてお客様には色々な提案をしてあげて下さい。異国では情報がいくらあっても、精査するのは大変です。ですから皆さんの方から必要になりそうな情報を発信してあげてください。ホテルに到着後行きたい人を募ってカラオケや居酒屋で一杯!でも構いません。日程表に書いてある予定だけでなく、オリジナリティーのある+アルファをすることでお客様の印象は変わるものです。

最初はどうすればいいかわからないという方も多いと思いますので、当社のガイドとしてデビューする前には、先輩ガイドのバスに同乗し、先輩たちの仕事ぶりを見て頂いてからお仕事を依頼するという流れになっていますので安心してください。

ガイドさんからお話していただきたいこと

◇ツアーはじめに話しておいて頂きたいこと
時計が日本時間にあっているか?
時間厳守のお願い(理由も含めて)
5月/10月は行楽シーズンのため渋滞の可能性がある
ホテルの部屋が狭い・田舎のホテルで設備が古いなどというマイナス情報は前もって説明しておき、あわせて日本の住宅事情をお話ししてください
当社ではすべて禁煙でリクエストしていますが、旅館など禁煙・喫煙の区別がないところがあります

◇食事の注意
何がでてきているか確認し、説明をお願いします
お客様と同じ食事を食べてください
特に懐石料理はなぜ冷たいものを出すのかなども説明してください
その土地の特徴ある料理を提供するようにしています
 富士山:お水がきれいなのでしゃぶしゃぶやお蕎麦など
 広島:お好み焼き
 北海道:ジンギスカン

◇バスで
朝は1時間・昼前30分・夕方45分程度、観光地へ着く前にはその観光地の話をしながら移動時間も楽しめるよう工夫してください。日本の事についてどんどんバス内で話をして下さい。日本独特のものや海外との違いなどを織り交ぜてわかりやすく話してあげるとお客様からもどんどん質問が来るようになりお客様との距離もグッと縮まります。下記はその一例です。
・天気
・経済状況
・電車の乗り方(ラッシュについて)
・津波・台風・地震について
・お寺と神社の違い(宗教・禅・神道)
・日本の国旗
・日本人の作法
・日本のスポーツ(相撲/柔道/空手)
・食について(天ぷら・寿司・居酒屋・酒・焼酎・みそ・豆腐・納豆など)
・茶道・華道
・日本語について(漢字・ひらがな・カタカナ)
・能 狂言 短歌 浮世絵 歌舞伎など
・日本の祭り
・日本の国歌 国鳥
・漫画
・温泉の入り方・効能

当社から皆様へ

社長からご挨拶
LinkIconこちら
当社のツアーの特徴
LinkIconこちら
当社が求めるガイド心得
LinkIconこちら